その他
Googleがスパムサイトを見極める傾向とは?

2013/02/04 その他 [最終更新日]: 2013/02/04
以前紹介した、Googleのマット・カッツ氏のサーチクオリティ(検索品質)チームで働いていたアンドレさんのインタビューにスパムサイトと判断する一般的な傾向の質問がありました。

Q4とQ5の部分で、要約すると

1、隠しテキストの要素・・・ここでは、背景と同じ色の隠しテキストのことを言っています。
2、コンテンツの質・・・スクレイピングはスパムの信号であると言ってます。
3、被リンクのプロファイル・・・外部リンクの評価でしょう。

1番目の隠しテキストに関しては、実際、背景と同じ文字を埋め込むことはさすがに少なくなってきていますが、未だにH1を非表示にしていたり、隠しテキストを使っているサイトが見られます。
ここは、1番最初にチェックするポイントでしょう。

2番目のコンテンツの質は、コンテンツの良し悪しは、Googleは判別していないと発言しています。
では、コンテンツの質とは何かというと、オリジナルであるかどうかということでしょう。
他のサイトの内容をスクレイピングして載せているサイトは、スパムのフラグが立つ可能性があるということです。

3番目の被リンクのプロファイルに関しては、Q5で詳しく述べていますが、自然なアンカーテキストであることとリンクしているページがどれだけ重要なページであるかということです。
アンカーテキストを見破るのは簡単だと言っているように、被リンク自体がほとんどないのにターゲットキーワードのアンカーテキストが多いサイトは、不自然な被リンクといわざる負えないでしょう。

スパムにならずにSEO対策の効果を出す方法を模索している方は、ご相談ください。

PR
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEO最新記事

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着記事
人気記事BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。