その他
SEOキーワード利用頻度

2008/11/17 その他 [最終更新日]: 2008/11/17
SEO内部対策とは、検索エンジンで上位表示させたいページに対し、
HTMLの内容をチューニング(検索エンジンにわかりやすく記載)することです。

SEO内部対策の重要な要素として、
ページの本文中にSEOキーワードを含む文章を追加することがあります。
これは、検索エンジンに何について記載されているページなのかを判断させるために実施します。

現在は、SEOキーワードの使用頻度が高いほど良いのではなく、
適度、適切に文章に含まれているかが重要となっております。

文章の始めにキーワードを配置したり、
関連するキーワードを含めた文章を作成しページのテーマを強調することも高い効果があります。

一度、貴社のページを確認してください。
十分な文章はあるか、SEOキーワードが作為的に使われすぎていないか、
ページの各所に散りばめられているか
確認されてはいかがでしょうか。

PR
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEO最新記事

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着記事
人気記事BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。