<alt>タグ

ここでは、<alt>タグをSEOでどう活用するべきかを解説します。

<alt>タグとは?

<alt>タグとは、サイトの画像(写真・イラストなど)がどのようなものか、検索エンジンに認識してもらうために設定する代替テキストのことです。
検索エンジンは「画像がある」ということは分かりますが、画像の内容(その画像が何の画像なのか?)までは認識できません。
ウェブマスターは、すべての画像の<alt>タグに適切なテキストを設定するようにしましょう。

<alt>タグのタグの書き方

altタグは、画像の内容(その画像が何の画像なのか?)を示す、画像ファイルの説明文です。
下記のように、<img>タグ内に記述します。
<img src="画像を指定するパス" alt="画像を説明する文" />

altタグに設定する文字は、画像の説明文を入れますので、長々と記述してはいけません。
検索エンジンがしっかりと画像の内容を理解できるようにaltタグは必ず設定するようにしましょう。

Googleが推薦するaltタグの正しい付け方

Googleは正しいaltの付け方について「ウェブマスターツールヘルプ」で下記のように言及しています。

”重要なテキストを画像に埋め込まない”
”画像に関する情報をできるだけ多く Google に伝える”

参考:ウェブマスターツールヘルプ

正しいaltの付け方

以下のサンプル画像を使って正しいaltの付け方を見てみましょう。

悪い例:
<img src="xxx.jpg" alt=""/>
→中身が空

<img src="puppy.jpg" alt="子犬 犬の赤ちゃん 小さな子犬 レトリーバー ラブラドール ウルフハウンド セッター ポインター ジャックラッセル テリヤ ドッグ フード ドッグフード 安い 子犬の餌"/>
→キーワードを詰め込み過ぎ

良い例:
<img src="xxx.jpg" alt="犬"/>
<img src="xxx.jpg" alt="こっちを見つめる犬"/>

<alt>タグとSEO対策

よく見かける誤った<alt>タグの利用方法として、「<alt>タグのテキストに、特定のキーワードを含める」ことがあります。過度にキーワードを詰め込み過ぎると、SEOスパムになる可能性があるので要注意です。

※数年前にキーワード出現率がSEO対策で重要視された際に、altタグにSEOキーワードを含める手法が流行りましたが、今はペナルティになる危険性がありますので、心あたりのある方は早急に見直しすることをお勧めします。

<alt>タグは「画像が表示されない時の代わりのテキスト」ですので、一般の検索ユーザーには通常見えていない部分です。
検索ユーザーに見えない部分にテキストを詰め込む行為(隠しテキスト)は、サイトの評価を下げる可能性がありますので注意しましょう。

重要なテキストは、画像にしない

前述でも述べた通り、検索エンジンは画像ファイルの内容を認識できません。
そのため、画像にはaltタグを記述することが必須です。

ですが、altタグに記述したテキストに直接のSEO効果は無いため、重要なテキストコンテンツは、画像にせずテキスト(HTML)で、記述しましょう。

<alt>タグは、ユーザーのために設定しよう

”<alt>タグ”は、検索ユーザーに役に立つ情報を検索エンジンが提供するための手がかりや、画像を確認できないユーザーに役立つ情報を提供するSEOの重要な要素の1つです。

SEO対策のためだけではなく”画像を見ることの出来ないユーザーのため”に、<alt>タグを適切に設定しましょう。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。