AMP (Accelerated Mobile Pages)とは

ここでは、AMP (Accelerated Mobile Pages)とは何か。SEOにおいてAMPをどう考えるべきかを解説します。

AMPとは?

AMP (アンプ)とは、Accelerated Mobile Pages (アクセラレイティッド・モバイル・ページ)の略で、2015年10月7日(米国時間)に発表され、GoogleとTwitterが共同開発している「モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)」のことです。
スマートフォンでサイトを見るときに一瞬でにコンテンツを表示させる仕組みです。

現在、AMPは正式リリースされていないプレビュー段階ですが、Twitterなどのいくつかのメディアに既に使用されています。

AMPの仕組み

通常、ウェブサイトにアクセスするとき、リンクをクリックしてからHTMLを読み込み、ページを表示するため、その分時間がかかってしまいます。

一方AMPでは、アクセスするウェブページのHTMLをあらかじめGoogleあるいはTwitter側でキャッシュすることで、読み込む分の時間を大幅に削減し、ウェブページの表示を高速化する仕組みとなっています。

AMPとSEO

AMPを採用することで「検索エンジンの評価が上がるのかどうか」が気になるかと思いますが、
AMPを採用したからといって、直接的に検索エンジンに評価され検索上位表示される可能性は低いです。

ですが、Googleは”検索ユーザーの役に立つ情報を提供するサイト”を高く評価します。
AMPを採用したサイトは表示が速くなり、サイトを訪問した検索ユーザーの利便性が上がり、検索ユーザーがサイトをリピートするなど、Googleに「検索ユーザーの役に立つサイト」として評価され、サイトの評価が高まる可能性はあります。

AMP採用に限らず、検索エンジンに評価される要因のひとつとして「ページの表示速度」があります。欲しい情報を探す検索ユーザー(人間)のためには、「サイトの表示速度が速いこと」は良いことですので、ページの表示速度が遅く重いサイトは何らかの対策をとると良いでしょう。

AMPとWordPress

現在、WordPressでは、AMP採用のプラグインが開発されているとのことです。(2015年10月7日現在)
WordPress使用しているサイトのウェブマスターは、今後の正式版リリースをチェックすることをお勧めします。

その他の主要CMSのAMP採用については、各サイトの情報をチェックしてみてください。

AMPは検索ユーザー目線で採用していきましょう

いかがでしたか?AMP採用に限らず、SEOでは”検索ユーザーの役に立つか”が、サイトの評価を高める重要な要因となります。

Googleは”検索ユーザーの役に立つ情報を提供するコンテンツかどうか”を、200程の項目で評価をしています。

今すぐAMPを採用する必要はありませんが、今後検索ユーザーがスマホメインになっていくことは明白ですので、サイトコンテンツのスマホ対応について、検討してみてはいかがでしょうか 。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。