アンカーテキストとは

ここでは、SEOにおけるアンカーテキスト(anchor text)について解説します。

アンカーテキストとは?

アンカーテキスト(anchor text)とは、リンクされている部分のテキストのことをいいます。

<a>アンカーテキスト</a>

HTMLタグの<a></a>で囲まれた部分はリンクを意味し、アンカータグと呼ばれます。アンカーテキストは「リンクテキスト」とも呼ばれています。

SEO上での効果

アンカーテキストには、リンク先のキーワードを含めるというのが、GoogleのSEO対策の基本とされています。

しかし、キーワードを意識し過ぎるあまり、過度にキーワードを含めすぎたり、アンカーテキストが偏り過ぎたりすると、逆にGoogleの検索順位を落としてしまうことになりかねません。

本来アンカーテキストは自然な形でリンクされることが推奨されており、SEOの観点においてアンカーテキスト分散することが大切です。

アンカーテキスト分散とは?

Googleにおいて、ウェブページは”被リンクを獲得すること”によって評価を高めることができますが、その際、アンカーテキストに含まれているキーワードについては、特に高く評価されるようになります。
つまり、「SEO」というアンカーテキストの被リンクを多く集めれば、そのサイトは「SEO」という検索キーワードで上位表示されやすくなります。そのため、被リンク対策では”ターゲットキーワードと完全一致したアンカーテキスト”を用意することで、特定キーワードでの上位表示を目指していきます。

しかし一方で、アンカーテキストが一定のキーワードに偏り過ぎると、Googleから不自然なリンクだと判断されてしまい、ペナルティを受ける可能性が出てきます。そこで、”アンカーテキストのキーワードを分散させて、ペナルティを受けないように調節する”ことが必要になってきます。このようなSEO対策のことを「アンカーテキスト分散」と呼ばれます。

アンカーテキスト分散

アンカーテキスト分散は、被リンク対策を効果的に行うために欠かせないものですから、ウェブマスターなら是非とも覚えておくといいでしょう。

アンカーテキスト分散では”自然さ”が大切

被リンクの効果を最大限生かすためには、アンカーテキスト全体の割合のうち、ターゲットキーワードと一致するアンカーテキストを最も高くしなければなりません。
しかし、アンカーテキストのキーワードは集中すればするほど、ペナルティを受ける可能性も高くなってしまいます。
アンカーテキストがどれくらい集中するとペナルティを受けるかは、明確には分かっていません。ですから、アンカーテキスト分散において、実利と安全性のどちらを優先するかは、ウェブマスターの手に委ねられているのです。

そこで、ウェブマスターは”アンカーテキストが自然に見えるかどうか”を判断基準にして、アンカーテキスト分散を進めていくといいでしょう。
被リンクの効果を高めることばかりに目を向けていると、見逃しがちなのですが、自然に獲得したリンクのアンカーテキストというのは、サイト名であったり、タイトルであったり、URLであったりと様々です。その為、アンカーテキストがターゲットキーワードと一致することは珍しく、キーワードが偏ることもほとんどありません。

それらのことを踏まえると、アンカーテキスト分散では少なくとも、2つのことを実施する必要があることが分かります。
1つは、「自然と思える範囲まで、ターゲットキーワードと一致するアンカーテキストの数を抑える」ことです。被リンクの効果を下げてしまうので本末転倒だと思われるかもしれませんが、本当に被リンクを最大限活用したいと考えるならば、ペナルティを受けない範囲内で目指すべきです。ペナルティを受けてしまっては、元も子もありません。

そしてもう1つは、「ターゲットキーワード一致しないアンカーテキストも取り入れること」です。前述しましたが、アンカーテキストは様々なものがあって当然ですから、ターゲットキーワードと一致しないものも含めた方が良いです。ただし、ターゲットキーワードを上手に含めたタイトルを考案したり、共起語(単語と一緒によく使われる語句)を用いるなどして、アンカーテキストを工夫してみると、より高いSEO効果を得られることもあります。
これらの2つのことをバランス良く行うようにすれば、ペネルティを回避しつつ、より効果的に被リンクのSEO効果を活用することができるでしょう。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。