DMCA(Digital Millennium Copyright Act)とは

ここでは、「DMCA」とは何か、SEOにどう関わってくるのかについて解説します。

DMCAとは?

DMCAとは、「Digital Millennium Copyright Act」の略で、「デジタルミレニアム著作権法」を意味します。 デジタル化された情報の著作権のあり方に関して示した基準のことです。(アメリカの著作権法で2000年10月より施行されました)

自分が作ったコンテンツを盗用され、本来自分のところに来るはずだったユーザーが盗用サイトへと流出してしまったら大変ですよね。そんな悪質な行為から守ってくれる法ですので、ウェブコンテンツを作成するウェブマスターはしっかり覚えておくとよいでしょう。

どんな時にDMCA侵害となるのか?

自分のサイトコンテンツを無断で、コピーされてWEBサイト上にアップされた場合などは、DMCA侵害となります。

DMCA侵害された場合の対処法

コピーしたサイトに通報しても、取り合ってもらえない可能性があります。また、サイト管理者が分からなかったり連絡が取れなかったりする場合もあります。そうした場合、そのまま放っておくと、本来自分のサイトに来るはずだったユーザーの流入が減ったり、最悪の場合自分のサイトが重複コンテンツとみなされ、ペナルティを受ける可能性もあります。

盗用されたのを発見した際には、早急に「著作権侵害を申し立て」を行い、盗用サイトを検索エンジンから削除してもらうようにしましょう。

削除申請(著作権侵害を申し立て)する方法

それでは、どのように「著作権侵害を申し立て」を行い、削除してもらうかを見ていきましょう。

手順1:「オンラインフォーム」にアクセスします

下記フォームにアクセスします。
※アクセスするためには、サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)へのログインが必要です。
https://www.google.com/webmasters/tools/dmca-notice?pli=1&hl=ja

手順2:「連絡先情報」を記入します。

まず最初に、氏名や会社名、メールアドレスなどの個人情報(連絡先情報)を記入します。
連絡先情報のフォーム画面

手順3:「著作権対象物」を記入します。

続いて、「盗用されている箇所や内容、対象のサイトURL(盗用しているサイト)」などについて詳しく記載します。
著作権対象物のフォーム画面

手順4:「宣誓供述書」を記入します。

最後に「申告に偽りがないか」について宣誓をします。全ての入力が終わって[送信]を押したら、これで「削除申請」の完了です。
宣誓供述書のフォーム画面

DMCA侵害を申請した際にGoogleは取り合ってくれるのか

Googleに「DMCA申請」を行うサイトURLは急増していますが、Googleはきちんと処理しているそうです。
Torrentfreakによると、2016年2月には、1週間に19 万ものDMCA申請がありましたが、Googleは適宜対応しているそうです。

まとめ

現在のSEO対策は、コンテンツ内容が重視される傾向にあります。
その為DMCA侵害を発見し、確信がある場合はGoogleに申請を行うことをおすすめします。
ただし、Googleも言っていますがDMCA侵害に確信がない場合は、まずは弁護士に相談してください。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。