ドメインとは

ドメイン(.com/.net/.jp etc...)によるSEO効果の違いについて解説します。

ドメインの種類

ドメインとは、ウェブサイトの場所を示すインターネット上の「住所」にあたります。

ドメインの種類

ドメイン名には大きく分けて2種類、「ccTLD」と「gTLD」があります。
「ccTLD」とは「Country Code Top Level Domain」の略で、トップレベルドメイン (=Top Level Domain=TLD)が決められたコードに基づき国や地域単位で割り当てられているドメイン名の事です。
「gTLD」とは「Generic Top Level Domain」の略で、セカンドレベルを申請者が登録することができるドメイン名の事です。「COM/NET/ORG/INFO/BIZ/NAME 等」が該当します。これらのドメイン名は誰でも登録申請する事ができます。
※一部異なる場合があります。

ドメイン種類によるSEO効果の違い

.com .net .jp をはじめ、様々なドメインが存在しています。
最近では、.tokyoや.nagoyaなど地域に特化したドメインなどもあり、ドメインによるSEO効果の違いが気になるところではないでしょうか。

結論から言うとドメインによるSEO効果の違いはありません。それについては、Googleの公式ブログでもアナウンスされています。

ドメイン全角・半角によるSEO効果の違い

全角ドメインと半角ドメインでSEOに影響はあるのか。
こちらもGoogleの公式ブログで「全角・半角によるSEO効果の違いは無い」とアナウンスされています。

但し、URLに全角文字が含まれる場合は、文字コードを「UTF-8」にする必要があるようです。SEOの観点以外でいうと、Facebookなどでシェアする場合に、全角文字が含まれるURLだと正しく動かない場合がありますので、全角ドメインの取扱いには注意が必要かと思います。

国や地域が含まれるドメインは、SEOに影響がある?

.tokyoや.nagoyaなど国や地域が含まれるドメインはSEOにどう影響するのか。

日本で検索している場合は、そのほとんどが日本語のサイトになるかと思います。東京で「中華」と検索すると東京のお店が検索結果に表示されやすくなっていると思います。Googleは、検索ユーザーが検索している場所も考慮して検索結果を表示するようになりました。

多少の例外はあるが国や地域が含まれるドメインは、基本的には該当する国や地域に関連するサイトと認識される可能性が高いようです。
但し、過度に期待するのではなく、多少影響する程度に考えておくのがよいでしょう。

ルートドメイン/サブドメイン/サブディレクトリのSEO効果の違い

ルートドメイン/サブドメイン/サブディレクトリ、SEO効果が高いのはどれか。

ルートドメイン(root domain)

ルートドメインは「root(根っこ)」という言葉が示すとおり、基点となるドメインのことです。

例) http://example.com/

サブドメイン(sub domain)

サブドメインは、ルートドメインにラベルを1つ付けたドメインです。

例) http://sub.example.com/

サブドメインとルートドメインにはSEOによる効果の違いはなく、Googoleはどちらも同じ扱いとして見ているようです。ですので、新たにサイトを作る場合サブドメインとルートドメインどちらを使ってもSEOにおける差は無いと思われます。

サブディレクトリ(sub directory)

サブディレクトリとはドメインの中に作った入れ物のことです。

例) http://example.com/blog/

ウェブサイト内のブログなどはサブディレクトリで運用されることが多いです。その理由としては、サブディレクトリは、置かれているドメインの恩恵を受け取れるためです。
さらにサブディレクトリに置いたコンテンツの評価が高くなればドメイン自体の評価も高まるため、SEOのメリットが大きいです。ですが、デメリットも引き継ぐためペナルティを食らった場合には注意が必要です。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。