グーグルアドセンス(Google Adsense)とは

ここでは、グーグルアドセンスとは何か、検索上位表示(SEO)にどう影響するのかを解説します。

グーグルアドセンスとは?

グーグルアドセンスとは、ウェブサイトに広告を掲載することができるサイト運営者向けのサービスのことです。 サイト上に貼るだけで簡単に収益に変えられるため、ウェブマスターやブロガー、多くのメディア運営者がグーグルアドセンスを利用しています。 似た形式の広告サービスはいくつかありますが、グーグルアドセンスは圧倒的なシェアを占めており、最も多く支持された広告サービスです。

グーグルアドセンでどれくらい稼げるの?

グーグルアドセンスの収益は、基本サイトのアクセス数によって変わってきます。

アクセス別の収益目安

業種や広告の位置によっても変わってきますが、大まかな目安をご紹介します。

月間PV数 収益額(円)
1万PV 約2,000~4,000
5万PV 約10,000~20,000
10万PV 約20,000~40,000
20万PV 約40,000~80,000
30万PV 約60,000~120,000

例えば、約10万PVの流入があれば、アドセンスで月に3万円稼ぐことが可能です。
※業種や広告位置によって変わってきます。

広告が表示される仕組み

グーグルアドセンスが表示される仕組みは実に画期的です。サイト運営者にとっても、サイトを訪れたユーザーにとっても大変合理的な仕組みとなっています。
サイト運営者がグーグルアドセンスで広告を掲載したい場合、サイト運営者側での細かい設定はほとんど必要ありません。html内の広告を掲載したい位置にアドセンスタグを貼り付けるだけで、自動的に広告が表示されるようになります。
そして、グーグルアドセンスが支持されるポイントは「表示してくれる広告」にあります。広告の表示方式は大きく2つ、「インタレストマッチ」と「コンテンツマッチ」というものがあります。

インタレストマッチとは

インタレストマッチとは、個々のユーザーの関心がある内容に合わせて広告を出すというものです。ページの閲覧履歴や検索ワードなどから、「このユーザーはこんなことに関心があるのではないか」とグーグルアドセンスが分析し、それに適した広告を自動的に表示します。グーグルアドセンスはクリックによって広告収益が発生するため、ユーザーが興味のある広告が出ていれば、その分クリックされるチャンスも増え、サイト運営者はより多くの収入を得ることができます。

コンテンツマッチとは

次にコンテンツマッチとは、そのアドセンスを設置したページのコンテンツの内容と近い広告を出すというものです。
例えば、車の情報を紹介しているページであれば、アドセンスには車に関連する広告が表示されます。サイトに訪れているユーザーに対して、サイトの内容に関連した広告を表示することで、より高い効果を期待できると考えているためです。この仕組みは、ユーザーにとってもサイト運営者にとっても最適な状態が作り出されているというわけです。

アドセンスが及ぼすSEO効果

アドセンスの活用とSEOについてグーグルは公式で下記のように言及しています。

some pages are deliberately designed to shift the user’s attention from the MC to the Ads, monetized links, or SC. In these cases, the MC becomes difficult to read or use, resulting in a poor user experience. These pages should be rated Low.

@web_shufuさんの訳を借りると下記のようになります。

ユーザーの注意を、MC(メインコンテンツ)から、有料リンク・広告・SC(補助的コンテンツ)などに移すべく意図的に設計されたページもあります。こういう場合、メインコンテンツは読みにくく、使いにくくなります。結果としてユーザーエクスペリエンスを損ないます。これらのページは低く評価されるべきです。

SEOの観点からみると、記事内に広告を差し込む行為はユーザーエクスペリエンスを損なうとして、このようなコンテンツは低く評価されるべきとグーグルは言及しています。

アドセンス収益をアップさせるコツ

グーグルアドセンスは広告を貼る位置によって、収益が変わってきます。クリック率を高めるポイントを、弊社の過去の実験から効果が高かった方法をご紹介します。

ポイント1.背景色やテキスト色をサイトに揃える

グーグルアドセンスでは、テキスト広告の背景色やテキスト色を自由に設定することが可能です。サイトに馴染むように最適に設定することでクリック率の向上を期待できます。

ポイント2.記事コンテンツの途中にアドセンスを貼る

記事の途中にアドセンスを自然な形で入れ込むことによりクリック率の向上が期待できます。特に記事コンテンツ内に設置するアドセンスの場合は画像広告よりもテキスト広告の方がクリック率が高いという結果がでました。

※クリック率は上がったのですが、前述でも述べた通り、SEOの観点からみると、あまり推奨されていません。ですが、ポリシー上は違反ではないので、SEO上のリスクを承知の上で記事内に自動挿入するのは、各自の裁量に任されます。

ポイント3.サイトコンテンツに馴染ませる

最近はたくさんの広告が溢れかえっており、ユーザーが広告に対して抵抗ができてしまっています。コンテンツに馴染ませ自然な形で設置することでクリック率の向上が期待できます。

※コンテンツの一部と間違えてしますような置き方は、ポリシーに反しますので十分に気を付けてください。あくまで広告と認識できる範囲で自然に設置することが大切です。

アドセンスを貼るときの注意

グーグルでは、自分でクリックする行為や、クリックを誘発する行為、誤クリックしやすい位置に広告を置く行為などを禁止しています。故意にポリシー 反する行為を続けた場合、最悪の場合、アカウントの停止などの処置が下される場合がありますので十分に注意が必要です。しっかりとAdSense ポリシーを確認の上、アドセンスを活用してください。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。