<h1>タグとは

ここでは、内部対策において重要な<h1>タグの正しい使い方と、SEO最適化の方法を解説します。

<h1>タグとは?

<h1>タグは、サイトの見出し(タイトル)を定義するHTMLのタグの1つです。

見出し(タイトル)タグはh1~h6まであり、h1は最も重要な見出しタグとなります。この見出しの体系を最適化することで検索エンジンはページコンテンツの階層構造を認識しやすくなります。SEO内部対策においては見出しタグは重要な要素ですからしっかり覚えておきたいところです。

ウェブサイトのほとんどは「HTML」によって記述されており、HTML構造はhead要素とbody要素に分かれます。

body要素には‟ブラウザに表示される部分(ユーザーが目にする部分)”が記述され、「見出し・段落・テキスト」などの子要素を含んでいます。

そのうちの見出しは、文章の階層を分かりやすくしてくれるもので、SEO的にとても重要だと言われています。ウェブマスターは<h1>タグを正しく活用し、見出しを最適化することで、分りやすいコンテンツとなり、ユーザー・検索エンジンの両方から評価されるサイトになります。

SEOにおいて、<h1>タグの最適化は内部対策の基本とさえ言われていますから、ウェブマスターは<h1>タグを適切に活用できるようにしておくことが大切です。

絶対押さえておきたい、<h1>タグ 活用のポイント

<h1>タグは、見出しタグの中で最も重要な要素で、SEOを左右するといっても過言ではありません。<h1>タグを活用する上で押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

H1タグ 活用のポイント

  • ページ内で「見出しタグ」を使い過ぎない
    過度に見出しタグを使いすぎるとコンテンツの階層が分かりにくくなるため、見出しタグを使い過ぎないようにしましょう。
  • 見出しタグのサイズの使い分けを不規則にしない
    H2よりH3の方がフォントサイズが大きかったりすると、見ているユーザーは階層構造を理解しにくいため、サイズの使い分けを揃えましょう。
  • ページ内の文章すべてを見出しタグに入れない
    見出しタグに入れる文字数はあまり長くなり過ぎないようにして、文章を見出しタグに入れるのはやめましょう。
  • 強調するためなど、スタイルを変える目的で使わない見出しタグは、コンテンツの階層を分かりやすくするためのものなので、見た目を変えるだけの目的で利用するのはやめましょう
  • <h1>タグは、基本1ページ1つ。ページの重要キーワードを設定しましょう
    重要なキーワードが複数あるとどれが一番重要なのかが分からなくなってしまいます。<h1>タグの利用は、基本1ページ1つにしましょう。
  • 重要キーワードは最初の方に記述する
    <h1>タグの最初の方に記述されている言葉を重要視する傾向にあり、重要キーワードは最初の方に記述するようにしましょう。
  • <h1>タグは画像ではなくテキストで記述する
    たまにロゴ画像などをH1にあてているサイトがありますが、<h1>タグはSEOにおいて重要な要素なため、しっかりテキストで記述するようにしましょう。

<h1>タグと<title>タグは同じ方が良いの?

h1とtitleに入れるテキストって「同じ方が良いの?どう使い分けるの?」、と気になる方も多いのではないでしょうか。SEOにおいて、<h1>と<title>タグを最適化する方法を解説します。

<h1>タグと<title>タグの違い

<h1>タグと<title>タグの使い分けについて、ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムに有益な回答があったので参照します。

タイトルはそのページを外から見た人向けにわかりやすく書きます。
つまり、検索エンジンやSNSから直接来た人向けや、検索エンジンのロボット等

H1はそのサイトを閲覧している人向けに書くようにしています。

そのため、タイトルにはサイト名なんかが入ったりしますが、h1 には入らないですし、一つのページ内でトピックスが大幅に変わる場合は適切な箇所に複数のh1を入れたりしています~。 参照:ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラム

つまり、<h1>タグはページを見ている人に向けた見出しで、<title>タグはページを見る前の人に向けた見出しということになります。

テキスト広告.jpを例にとると、

<title>1位を目指す被リンク対策|テキスト広告JP 株式会社ディーボ</title>
<title>タグにはSEOキーワードとサイト名が入ることが多い。

<h1>一緒に1位を目指すSEO対策を提供!契約前も無料で競合調査を実施</h1>
一方で、実際にページを見ている人にはサイト名は必要なく、それよりもサービスをイメージしやすいメッセージ性のある言葉が最適だろう。

HTML5であれば、<h1>タグは複数つかっても良いの?

HTML5なら<h1>タグを複数記述しても、SEO上のマイナス要因はないとされています。

ですが、検索エンジンがサイトを評価する上で最も重要な点は「検索ユーザー(人間)に役に立つコンテンツかどうか?」です。<h1>タグを複数使うということは、1つページ内にテーマが複数存在することを指しています。

1つのテーマに沿ってコンテンツが統一されていた方が、見ているユーザーにとっては分かりやすいですし、まとまりがあるコンテンツに仕上がり、結果ウェブページの精度も増すと考えられます。

テキスト広告.jpでは、検索ユーザーにも検索エンジンにも分かりやすい、1ページ1テーマ(大見出し1つ)に絞ったコンテンツ作成をおすすめしています。

<h1>タグの導入手順

それでは、<h1>タグを導入し活用するためにはどうすればよいでしょうか? 以下に、<h1>タグの導入の流れを、3つの段階に分けて説明していきます。

H1タグの導入手順

1.<h1>タグを配置する

まずは、<h1>タグをHTMLにどのように配置するか説明します。<h1>タグは基本的に、bodyタグの中で一度だけ使用し、他のhタグよりも上部にくるように設置します。

トピックが複数存在する場合を除いて、大見出しである<h1>タグがいくつも存在すると不自然ですから、原則として<h1>タグは1ページ内に1つとしてください。
もし、<h1>タグ以外にも見出しを使いたい場合には、中見出しの<h2>タグや、小見出しの<h3>タグなどを使用します。見出しタグを使用する際には、順番が入れ替わらないようにしましょう。

正しい例)

<h1>大見出しがはいります</h1>
<p>テキストがはいります</p>
<h2>見出しがはいります</h2>
<p>テキストがはいります</p>
<h3>見出しがはいります</h3>
<p>テキストがはいります</p>

悪い例)

<h1>大見出しがはいります</h1>
<p>テキストがはいります</p>
<h3>見出しがはいります</h3>
<p>テキストがはいります</p>
<h2>見出しがはいります</h2>
<p>テキストがはいります</p>

2.<h1>タグの中身を記述する

次に、<h1>タグの内容を記述していきますが、ここには「ページの内容を端的に表すフレーズ」を記載するようにします。具体的には、ユーザー及び検索エンジンに分かりやすいような文章を書きながら、サイトが強調したいキーワードなども取り入れるようにします。

特に、<h1>タグに含まれるキーワードは検索エンジンから評価されやすいと言われているので、フレーズは慎重に選ぶようにしなければいけません。

ただし、キーワードを詰め込みすぎたりして、フレーズの意味が分かりづらくなると、逆効果になることもあるので注意しましょう。

3.<h1>タグの体裁を整える

<h1>タグを配置して中身を記述すれば、ひとまずは<h1>タグの内容がブラウザに表示されるようになります。しかし、デフォルトのままだととフォントサイズが大きすぎたり、カラーが合わなかったりと、ページデザインに対して見栄えが悪いことがあります。

CSSで調整して、<h1>タグの体裁を整えるようにしましょう。

ここで、<h1>タグのフォントサイズを過剰に小さくしたり、フォントカラーを背景色に近づけたりして、<h1>タグの内容をユーザーから見えづらくするのはやめましょう。そのような行為は、Googleからスパムと判断されペナルティの対象となる恐れがあります。

<h1>タグにSEO効果はあるのか

かつて、<h1>タグを活用したSEOは有効な施策として知られていましたが、現在でもGoogleのランキング上昇に効果があるのでしょうか?

H1タグのSEO効果

現在では、<h1>タグの活用にサイトの順位上昇の効果は少ないと言われています。そうなった理由としては、<h1>タグを悪用したSEOが蔓延したために、Googleが<h1>タグのランキングへの影響を少なくしたことが考えられます。

それでは、<h1>タグをSEOで利用するメリットが無くなってしまったのでしょうか・・・。

そうではありません。

現在では‟Googleから評価されやすいサイトを作る”ために、<h1>タグは重要な要素の1つです。
Googleからサイトを評価してもらうために、Google及びユーザーに情報が伝わりやすいサイトを作ることはSEOの基本です。<h1>タグを適切に活用すれば、サイトの情報が整理され、検索ユーザーとGoogle検索エンジンの両方に評価されやすいサイトを作ることが出来ます。そのため、Googleも公式的に<h1>タグの活用を推奨しています。

<h1>タグの利用は誰にでも簡単にできるSEO対策ですから、基本的な施策として確実に実施しておくと良いでしょう。

サイトの基礎を活かすSEOが大切

いかがでしたでしょうか?ここでは、‟<h1>タグをSEOでどう活用するべきか”を説明しました。<h1>タグだけでサイトの順位を上昇することは出来ませんが、サイトの利便性を高めることに繋がるため、検索ユーザーとGoogle検索エンジンに優しいサイトに出来上がります。ウェブマスターはページを作成するとき、是非とも<h1>タグを活用するようにすると良いでしょう。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。