完全一致とは

ここでは、SEOにおける「完全一致」とは何か、どう対策すればいいのかを解説します。

SEOにおける完全一致とは?

SEOにおける完全一致とは、上位表示を目指したいキーワードを「サイト名」や「タイトル」に入れることを言います。

キーワードをタイトルやコンテンツに含むことはSEOの基本原則ですので、基本的に上位を狙いたいキーワードをページ内に入れていけば良いのですが、誤った使い方をすれば、完全一致にならない場合がありますので、注意が必要です。

例えば、「会計士」「情報」でキーワードを狙いたい場合、

正しい記述:「会計士情報を探すなら●●」
誤った記述:「会計士情報を探すなら●●」

「会計士」と「情報」をくっつけてしまうと「会計士情報」という一つの言葉として認識され、完全一致ではなくなります。

また、複合語のキーワードの場合も対策には注意が必要です。

正しい記述:「名古屋会計士の情報を探すなら●●」
誤った記述:「名古屋で一番安い会計士なら●●」

「名古屋と会計士」の文字が離れていると、検索エンジンは複合語として認識出来なくなり、完全一致ではなってしまします。日々検索エンジンも進化し精度を増していますから、完全一致の定義も変わってくるかもしれませんが、SEO対策を行うウェブマスターなら意識しておいて損はないでしょう。

アンカーリンクの完全一致のSEO効果について

SEOにおいて、外部リンクからのアンカーテキストは重要な要素の一つです。

SEO効果を期待して、外部リンクのアンカーテキストを「完全一致」にする方も多いのではないでしょうか。
しかし、2012年に行われたパンダ・ペンギンアップデート以降は、「完全一致」によるSEO効果は薄れてきており、むしろ完全一致のアンカーテキストは不自然であると判断されてしまいます。

通常リンクを貼る際には、「名古屋 会計士」ではなく、「名古屋の会計士情報なら●●」などの言葉で貼られるのが自然かと思います。

アンカーテキストにSEOキーワードを含めることはSEOにとって重要ですが、大切なのは自然な言葉でキーワードを含めることです。

完全一致ドメインでSEO効果がアップする!?

キーワードによる「完全一致」のSEO効果が薄いと述べましたが、ドメインによる完全一致(完全一致ドメインと呼ばれます)はどうなのでしょうか。

一時、「完全一致ドメイン」はSEO的な効果があるとされ多くの方が利用していましたが、2012年9月にEMDアップデートが実施されてからは、完全一致ドメインの取得には注意が必要となりました。

日本語ドメインの完全一致の場合も同様、一時は高いSEO効果が期待できたのですが、最近では、日本語による完全一致ドメインはインデックスされにくくなってきたという報告も増えてきました。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。