キーワード出現率(Keyword Density)とは

ここでは、SEOでキーワード出現率をどう考えるべきか解説します。

キーワード出現率とは?

キーワード出現率とは、「キーワード密度(Keyword Density)」とも言われ、ページ内のテキスト文章に記載されている全てのワードの中で、SEO対策したいキーワードがどれくらいの割合を占めているのかを示した値です。
多くの場合、上位化したいキーワードを中心にページを作成するため、SEOキーワードが占める割合が文章内で最も高い出現率になります。

キーワード出現率とSEO効果

かつて、内部対策では”ある一定の割合(5%や7%など)になるように「キーワード出現率」を調整すること”が、ページを上位表示させるための基本とされていました。

しかし、現在では、キーワード出現率を調整したとしても、検索エンジンの評価に及ぼす影響は小さく、ほとんど効果が無いと言われています。

むしろ、キーワード出現率を意識し過ぎるあまり、文脈が崩れ不自然な文章になってしまい、かえってページの評価を落とすことに繋がりかねません。
特に、キーワード出現率を高めようとSEO対策キーワードを無理に詰め込んでしまうと、Googleからスパムと判断され、ペナルティを受けるリスクがあります。

SEOを始めたばかりのウェブマスターは、噂に振りまわされ、SEO対策キーワードを多く含んだほうが良いと信じ、不自然にSEOキーワードを詰め込み過ぎてペナルティを受けないように注意が必要です。

前述のように、過度にキーワード出現率を高めるのは良くありませんが、「キーワードを全く使用しない」「他のキーワードの出現率の方が高い」などの場合、検索エンジンがそのページのテーマ(=SEOキーワード)を、正しく評価できなくなってしまいます。

キーワード出現率が、「検索エンジンの評価に及ぼす影響は小さい」と述べましたが、キーワード出現率が0%ではどうしようもないは事実です。

現在では、「最適なキーワード出現率」というのは存在しません。そのため「キーワード出現率を●%にしよう!」など、キーワード出現率をあまり意識しても意味がありません。それよりも、ページの文章を”自然に書く”ことが大切です。

キーワード出現率のチェックツール

コンテンツを作成した時には、狙いたいSEOキーワードが適切に含まれているか、不自然に出現率が偏っていないかなど、チェックすることが大切となってきます。キーワード出現率は、無料のSEOツールで簡単にチェックすることができます。

ディーボでも無料SEOツール集にて公開しておりますので、テキストを追加したときなどにチェックしてみてください。
ohotuku.jp -キーワード出現率チェック-

キーワード出現率の最適化

検索エンジンは「検索ユーザーに役に立つサイト」を高く評価します。
ですので、検索ユーザーが見て内容が分かりやすいように、テキストには伝えたいことを整理して書いていきましょう。その上で、SEO対策キーワードは必要に応じて適度に記述されていれば、それで十分だと言えます。

キーワードを不自然に詰め込むことは「キーワードスタッフィング(keyword stuffing)」と呼ばれており、Google検索エンジンから”スパム行為”と判断され、ペナルティの対象にされてしまいます。
もし、あなたがキーワード出現率をページにたくさん詰め込むことによってサイトの順位上昇を目指そうと考えているのならば、それにはペナルティリスクが伴うため、やめておいたほうがいいでしょう。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。