ロングテールキーワードとは

ここでは、ロングテールキーワードをSEOでどう活用するべきか解説します。

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは、メインの特定ビックキーワードではなく、関連する様々なキーワードのことです。

ロングテールキーワードを狙った検索数が少なく競合があまりいないため、上位化しやすいメリットがあります。 また、専門性が高いキーワードのためクリック率が高く、直接コンバージョンにつながりやすい傾向があったりと目的に合致したユーザーを集客することが可能です。

ロングテールキーワードは、ニッチキーワード(穴場キーワード)、複合キーワードとも呼ばれます。
また、ロングテールキーワードを使ったSEO対策のことを「ロングテールSEO」と呼びます。

ロングテールキーワードの図

【ロングテールキーワードの例】
例えば、メインキーワードが「中古車」の場合、
「中古車 買い取り」「中古車 トヨタ 買い取り 札幌」「中古車 トヨタ 格安」などをロングテールキーワードと呼びます。

ロングテールキーワードでのSEO対策進め方

  1. 対策するページのキーワードを決定します。
    ※TOPページに設定するキーワードは、ビックキーワードかロングテールキーワードでも検索数が多そうなものを選ぶとよいでしょう。
    ※カテゴリページ、下層ページに対しては、ロングテールキーワードを選ぶことをおすすめします。
  2. 対策するページに、被リンクを設定します。
    ※必要な被リンク量は競合サイトによって異なります。
  3. キーワードに関連した、ユーザーに役立つコンテンツ(情報)を掲載します。
    ※少なくても2500文字以上を記述するようにしましょう。
    ※どんなコンテンツを記述すべきかは、そのキーワードで上位表示されているサイトを参考に決定すると良いでしょう
  4. タイトルタグにキーワードが含むように設定(変更)します。
  5. 順位を計測し、必要に応じて、被リンク追加やコンテンツの追加を行います。

ロングテールSEOのメリット

上述しましたが、「ロングテールキーワード」でSEO対策をすると、競合サイトがそれほど強くないため、上位表示しやすい傾向があります。

多くのロングテールキーワードで上位表示することができれば、より多くのアクセスを期待できます。
さらに、 ロングテールキーワードは、検索数は少なくても目的意識の高いユーザーを集めることができるため、コンバージョンに繋がりやすい特徴もあります。

トップページは比較的「検索数の多いキーワード」で対策を行い、下層ページをロングテールキーワードで対策するとよいでしょう。

ロングテールキーワードで対策する場合も、キーワード順位の計測は必ず実施することをお忘れなく。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。