手動ペナルティとは

ここでは、SEOを円滑に進めるために必要な「手動ペナルティ」への対策について、説明していきます。

手動ペナルティとは

手動ペナルティとは、Googleが悪質なスパム行為を行っているサイトの検索順位を下げる、もしくは削除するなどの罰則を、手動で行われるペナルティのことです。

実際に、Googleスタッフが各サイトを目視で確認し、スパムの良悪を判定して与えるペナルティのことを"手動ペナルティ"と呼んでいます。

手動ペナルティが行われる場合、一般的に見て非常に悪質なケースが多いため、罰則として、インデックス削除(検索結果からの除外)などの非常に厳しい罰則を受けることが多いです。

手動ペナルティを受けた場合は、早急にサイトを改善して、「Googleの再審査」を受けなければ、基本的にペナルティが解除されることはありません。

手動ペナルティになる対象サイト

さて、手動ペナルティの対象となるサイトはどのようなさいとなのでしょうか。手動ペナルティは通常、GoogleがWebで公開している「ウェブマスター向けガイドライン」に違反したサイトに対して発動されます。

ガイドラインで禁止されている、以下のウェブスパムを利用している場合は、手動ペナルティを受ける可能性が高くなります。

1.クローキング

ユーザーと検索エンジンとに、それぞれ異なるページを表示させることを「クローキング」といいます。検索エンジンには、SEO対策を意識した「検索エンジン専用」のサイトを閲覧させることによって、不当にサイトの評価を上げようとする行為が流行りました。

2.隠しテキスト

HTMLやCSSの記述を駆使して、人には見えないように配置したテキストの事を、隠しテキストといいます。テキストを背景色と同じ色にしたり、テキストを極端に小さくしたりなど、ユーザーには見えないが、クローラーだけに読み取らせる隠しテキストは、ウェブスパムの代表格として流行しました。

3.誘導ページ

誘導ページとは、特定のサイトやコンテンツに誘導する目的だけに作られたページのことです。Googleはこうした、独自性(オリジナリティ)がなく、ユーザーに有益な価値を提供しない低品質なページを、ウェブスパムとして判断します。

4.その他

Googleがスパムと見なすWeb運営の手法は、ほかにもたくさん存在します。このページではすべてのスパムについての説明は割愛しますが、自らGoogleが禁止するスパム行為をしていないか確認するようにしましょう。

手動ペナルティの対策と改善

手動ペナルティは、Googleが掲げたガイドラインに違反したサイトに与えられます。

自分には関係ないと知らん顔していても、無意識にガイドラインに違反していると判断され、ペナルティを与えられることがあります。

例えば、中身が薄く質の低い内容や、ユーザーに有益なコンテンツの価値が無いと判断された場合には、自分が意図していなくても、知らず知らずのうちにペナルティの対象となってしまいます。

そこでウェブマスターは、自分のサイトが手動ペナルティを受けたときの手動の対策を知っておくことが大切です。

1.手動ペナルティ解除の手順を知る

もし手動ペナルティを受けたら、サイトを改善して再審査を受ける必要があります。
再審査で、ペナルティの対象となっていた部分が解消されたと判断されれば、晴れてペナルティが解除されます。

ですが、そもそもペナルティを受けたこと自体を発見できなければ、対策を取ることも出来ません。
ペナルティを受けたかどうかは、ウェブマスターツールと呼ばれるGoogleのツールで分かります。このツールは、サイトが手動ペナルティを受けたら、通知してくれる機能がついています。

ウェブマスターツール上の通知には、手動ペナルティの対象となった部分と、その違反内容について記述されています。
例えば、【部分一致 理由:クローキング】と書かれていれば、サイトの一部分にクローキングが使われていることが問題視されているという訳です。自身のサイトが手動ペナルティを受けたウェブマスターは、この通知を見て、早急にサイトを改善する必要があります。

問題点を改善したら、Googleに再審査リクエストを送ります。この再審査もウェブマスターツール上で簡単に行うことが出来ます。
そして、Googleスタッフに確認してもらい、再審査リクエストが通れば、その後一定期間が過ぎてから与えられたペナルティが解除されます。

手動ペナルティを受けないようなサイト運営を!

大切なのは、日ごろから手動ペナルティを受けるような悪質な行為をしないことが大切です。
上位表示に必要なのは、ペナルティを受けない範囲内で、最適なSEO対策を行うことです。仮に通知を受けたとしても、しっかりと解除の対応方法を知っておけば、大事にいたることはありません。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。