メタディスクリプション(Meta Description)とは

ここでは、上位表示(SEO)のためにメタディスクリプションをうまく活用する方法について解説します。

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションとは、headタグ内に記述するページの概要を記述するタグ情報です。

メタディスクリプションとは

2017年01月現在では、検索順位決定に大きく関係しないことがわかっています。
しかし、検索結果ページからのクリック率に大きな影響を与えるため、ページ毎に最適なディスクリプションを設定することをおすすめします。

メタディスクリプションタグの記述方法

サイトのhtmlソース、headタグ内に下記のように記述します。

<meta name="description" content="サイトの説明文が入ります" />

メタディスクリプションの記述のポイント

・文字数は80~120文字程度が最適
検索結果では約120文字を超えると省略されてしまいます。そのため、80~120文字に収まるぐらいが最適です。(モバイルの場合は50文字程度が望ましいです。)

・SEOキーワードを含むように記述
メタディスクリプションには、キーワードを含むように設定し、重要なキーワードは先頭に記述します。(文字数が多いと、検索結果画面で省略されてしまいます)

・SEOキーワードを必要以上に含めない
最近は、メタディスクリプションの内容によりスパムになったケースは確認されていませんが、Googleからの評価が低下する可能性があります。

・ページ毎に固有に設定する
ページ毎に内容を変え、重複するメタディスクリプションがないようにしましょう。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。