オーガニック検索(Organic Search)とは

ここでは、検索上位表示(SEO)のためにオーガニック検索をうまく活用する方法について解説します。

オーガニック検索とは?

オーガニック検索とは、検索結果画面の中の広告スペースではなく、純粋な検索結果として表示されている部分のことを指します。

オーガニック検索枠と広告枠

この図のうち、緑枠で囲われた部分がオーガニック検索(自然検索)枠となります。このオーガニック検索の順位は、Google検索エンジンのアルゴリズムによって決められます。
一方の赤枠の広告枠は、キーワード毎の入札単価や広告自体の品質を図る指標(品質スコア)などを元に、リアルタイムで表示順位が変動します。

SEO対策とはオーガニック検索対策

一般的に言われる「SEO対策」とは、言い換えればオーガニック検索(自然検索)で上位表示するための施策のことをいいます。

検索エンジンに対して料金を支払い検索結果ページに反映させることを有料検索(Paid Listing)と言い、オーガニック検索とは区別されます。

有料検索でトラフィック(サイトへのアクセス)を増やしたい場合、一定の広告料をずっと払い続けなければなりません。

一方オーガニック検索は、無料で負担なくはじめられる対策です。オーガニック検索でトラフィックの増加を目指すためには、まず検索結果で上位表示されなければなりません。

そして上位表示を目指すには、検索エンジンから高く評価される必要があり、検索エンジンの上位表示の基準(ルール)にはざっくり2つ、「被リンク(外部対策)」と「ページの構造や内容(内部対策)」があります。

最近のSEOは、被リンク(外部対策)などの外部要因より、ページの構造や内容(内部対策)などの内部要因が重要視される傾向にあります。上位表示を目指すには、ユーザーに役立つ有益なコンテンツを作り続けることが大切です。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。