ペンギンアップデート Google Penguin Update

ここでは、「ペンギンアップデート」とは何か、上位表示(SEO)における対策について解説します。

ペンギンアップデートとは?

Googleは「自作自演や不正な方法で検索順位を操作する行為」を排除するために、サイトの評価基準を常に見直しています。『ペンギンアップデート』とは、そのような悪質な不正行為を取り締まるための、アルゴリズム更新の1つです。

ペンギンアップデートが日本で始めて導入されたのは、2012年のことです。

こうしたアルゴリズムの更新を"検索アルゴリズムアップデート"と呼ばれており、検索順位の変動に大きく影響を及ぼします。その中でも、『ペンギンアップデート』は主要なアルゴリズムアップデートとされており、過去にも順位の変動に大きく影響を及ぼしてきました。

そのため、ウェブマスターは『ペンギンアップデート』が行われた際には、内容を確認してしっかりと対策を講じる必要があります。ペンギンアップデートが"どのような基準"でサイトを評価しているのか、ウェブマスターはしっかりと理解しておきましょう。

ペンギンアップデートによるペナルティと対策

ペンギンアップデートでは、悪質と判断されたサイトは低く評価され、検索結果の順位も大きく下がります。悪質な行為としては、下記のような例が挙げられます。

1.検索エンジンスパムの利用

検索エンジンスパムとは、不当な方法で検索順位を上げようとする行為のことを指します。例えば、「隠しテキスト」や「隠しリンク」、「不正なリダイレクト」「クローキング」「自動生成ツール」を使ったリンクの獲得などが挙げられます。

2.品質に関するガイドラインの違反

Googleは検索エンジンの品質を維持するため、ウェブマスター向けに「品質に関するガイドライン」を明示しています。このガイドラインの中では、サイト運営にあたっての違反行為などが説明されています。

ペンギンアップデートを実施した際に、ガイドライン記載の禁止行為を実施していると判断された場合、検索順位が大きく下落してしまいます。ただし、アルゴリズムによる自動的な判断であるため、ウェブマスターが意図的に実施した行為ではなくても、順位下落の対象となることがあります。

そうならないためにも、グレーな対策は避けて、日ごろからコンテンツの品質管理に従事することが大切です。

もしペナルティを受けてしまったら、早急に「SEO効果の疑わしい行為」をやめて、「原因となったものをしっかりと調べて対処」するようにしましょう。

本来は、ペンギンアップデートが行われてもペナルティを受けないコンテンツづくりをするべきです。ですから、ウェブマスターは常に、SEOの最新の動向に耳を傾け、その時に合った、SEO対策を実施することが求められます。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。