クオリティアップデート(Quality Update)とは

ここでは、Googleのアルゴリズム更新のひとつ「クオリティ アップデート」についてと、その対策方法について説明しています。

クオリティアップデートとは?

クオリティアップデートとは、Googleのアルゴリズム更新のひとつで「コンテンツの品質」に関するアルゴリズム更新です。

2015年5月の初旬に見られた順位変動について、Search Engine Landの質問にGoogleが回答し、この新しいアルゴリズムアップデートのリリースが判明しました。

コンテンツの品質に関するアルゴリズム更新で有名なものとして「パンダアップデート」があります。パンダアップデートは特定のサイトを対象としたものですが、クオリティアップデートは、アルゴリズム全体に対するアップデートです。

クオリティアップデートの対策方法

「クオリティアップデート」は、パンダアップデートにかなり近いアルゴリズム更新が見られます。

Googleは、詳細な内容を公開していませんが、実際に順位下落の見られたサイトの特長としては、低品質なサイトが挙げられます。

「低品質なサイト」と判断される基準とは

  • 広告やバナーがコンテンツの大半占め、オリジナリティに乏しい
  • 他ページへのリンクばかりで、コンテンツが少ない
  • 他サイトをコピーしただけで重複するコンテンツが多く、オリジナルの内容がない
  • コンテンツに信憑性に欠ける
  • 自動生成されたサイトや、情報の量が少ない
  • ユーザーに支持(リンク)されるような有益なコンテンツがない

クオリティアップデートは「コンテンツの品質を高める」ことで、十分に対策が可能です。

Googleに評価される「検索ユーザーの役に立つ(求める)コンテンツ」をユーザーに提供し、上記の様に低品質なサイトとなっている場合は、コンテンツ品質の向上に励み、Googleに評価される質の高いコンテンツのサイトづくりを目指しましょう。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。