SSL暗号化(SSL Encryption)

ここでは、SSL暗号化とはどのようなものか、SEOにどう影響してくるのかを解説します。

SSL暗号化とは?

SSLとはSecure Socket Layerの略で、インターネット上でやり取りされるデータの「盗聴、改ざん、なりすまし」などを防止するための暗号化プロトコル(通信方法)です。

インターネット上でやり取りするデータの中には、第三者に見られては困る情報が数多く存在しています。

例えば、ネットショッピングでクレジットカードを使おうと思ったとき、その情報がネットショップ以外の誰かに見られていたら大変です。

そこで、そのような大事なデータを扱うウェブサイトでは、データを暗号化して、安全に通信するプロトコルを導入しています。そのプロトコルのことを「SSL」と呼びます。

SSLではデータが”鍵”によって暗号化されるので、鍵を持たない第三者によってデータを盗み観られたり、書き換えられたりする心配がありません。
また、SSLの導入には認証局による証明が必要なので、SSLが導入されたサイトは安心して利用することが出来ます。
Google検索のSSL導入は、SEO業界でも大きな話題になりました。

SSLの仕組み

それでは、SSLの仕組みについて、具体的に説明していきます。
上記で説明したSSLというのは、データを暗号化する通信方法のことですが、その役割を実際に果たすのは「SSLサーバ証明書」と呼ばれるものです。SSLサーバ証明書とは、認証局が発行する”電子証明書”のことで、これをサーバに導入することで初めてSSLが利用できるようになります。SSLサーバ証明書による、SSLの手順は以下のようなものになります。

1.公開鍵を使って、共通鍵を暗号化

SSLでは、クライアントとサーバが同じ鍵を使って、データを暗号化して送り、復元して受け取ったりします。このようにデータの暗号化と復元を一つで行う鍵を「共通鍵」といいます。共通鍵はシンプルな暗号なので、データのやり取りが簡単だというメリットがありますが、万が一、鍵が流出した際にはセキュリティ面が弱いというデメリットもあります。

そこでSSLでは、共通鍵を安全に利用するために、共通鍵を”違う鍵で暗号化”させてから受け渡しをするようにしています。このとき、共通鍵を暗号化する鍵のことを「公開鍵」といいます。公開鍵を使った共通鍵の受け渡しは以下の手順で行われます。

まず、クライアントがウェブページにアクセスしたとき、SSLサーバ証明書からクライアントに、公開鍵が渡されます。
それから、クライアントは共通鍵を作り出して、それを公開鍵で暗号化します。
そして、暗号化された公開鍵をサーバーに送り返せば、共通鍵の受け渡しは完了となります。

2.秘密鍵を使って、共通鍵を復元

共通鍵を暗号化した公開鍵は、データを暗号化させることしか出来ない鍵です。そのため、公開鍵によって暗号化されたデータを復元するためには、「秘密鍵」という復元に使う鍵が必要となります。では、秘密鍵はどこにあるのかというと、公開鍵と同じで、SLLサーバ証明書の中にあります。

クライアントから送られてきた「暗号化された共通鍵」は、SLLサーバ証明書が持つ秘密鍵によって復元されます。こうして、第三者に知られる危険性も低く、クライアントとサーバの両方が、共通鍵を持つことが出来ました。

3.共通鍵を使った通信

共通鍵の受け渡しは、ウェブページへのアクセスが完了する前に行われます。その為、クライアントがウェブページ上で送受信するデータは、共通鍵によって全て暗号化され、保護されてます。
SSLがウェブページに導入されているかどうかは、URLで確認することが出来ます。URLの初めが「https」から始まっているサイトは、SSLによって保護されているサイトになります。

SSL導入と「not provided問題」

Google検索もSSLを導入しているなら「SSLの導入でサイトの評価も高まり順位も上がるのでは?」と、考えるウェブマスターもいるかもしれません。しかし現状では、SSLを導入することによりSEO効果が高まり、検索順位が上がることはありません。

むしろ、Google検索がSSLを導入したことで、SEOが難しくなり、SEOを行っているウェブマスターにとって、SSLは注意しなければならない存在になりました。なぜなら、2013年9月より、Google検索はSSLによって、全てのユーザーの検索情報を保護するようになりました。これにより、ウェブマスターは、「自社サイトを訪問したユーザーが検索したキーワード(流入キーワード)」を簡単には調べられなくなってしまいました。

流入キーワードは、キーワード選びを行うための重要な手がかりとなっていたため、SEOにおいては大きな影響を受けているのです。この問題を「not provided問題」と呼んでいます。

SSL暗号化への対策

いかがでしたか?ここでは”SSL暗号化とはどのようなものか、SEOにどう影響しているか”を解説しました。ウェブマスターはサイトにSSLを導入したとしても、SEO的なメリットを得ることは出来ません。むしろ、流入キーワードをどのようにして調べるかという、SSL暗号化への対処法を練ることが必要となってきます。

現状、ウェブマスターはいくつかの代替策を用いることによって、流入キーワードを推測することが可能になっています。詳しい方法については、「not provided」で触れていますので、そちらを参考にするといいでしょう。

上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。